/Home/Nintendo/



道

任天堂と私



■1997/05/04 BSゼルダの伝説を思う、の巻

 ストーリーは、SFCゼルダの伝説の後のストーリー。リンクは冒険の旅に旅立ってしまっていて、留守中。プレイヤーは、ハイラルに突如出現した光の勇者で、同じ時に現れた魔物を、リンクの代わりに退治して、ハイラルを救うのが目的。

 むちゃくちゃ楽しみにしていたのに、1、2をやりぱぐってしまって。RPGで、一体途中からどうやって参加するのか、と思ったら、そこはゼルダの伝説。最初に山盛りアイテムをもらって、しかも、クリアしているはずの神殿の前には、そこで手に入れるはずだったアイテムを持って待ってる親父が居る。そこにはオカリナですぐ。すごい。さくっと、今日の冒険から入れるのね。しかも、入り口を塞いでいるから、無駄なアタックをしなくて良い。美しい。

 3は、ムドラの書を手に入れなくては! とゼルダ姫が騒いでいる(ほんとにうるさい)ので、てっきり私が探さなくちゃいけないんだと思って、神殿を「ない〜!」と探していたら、家の地下室かなんかにあったのがラストに判明(^^;) 思いっきりずっこけ。私は石版だけを集めればよかったのねーっ。ダンジョンは、爆弾で壊せる壁がひび割れていないため、マップで確認しないとわからない(これは、4では解消)。

 4は、最後の神殿でつまらなかったのに、最後、ゼルダが封印を解いている間に、本当はマスターソードを抜いて待っているべきなのに、全然気づかず、ラスボスの城のバリアが解けず、詰まる(^^;)! しかも、気がついて、抜いて戻ったものの、倒し方を忘れてて、見事にゲームオーバー。クリアならず! くやちー! で、翌日再トライ。最初にマスターソードを抜いてみようと思ったけど、ハートの器が足りなくて無理。また時間の無駄を(^^;) しかも、最後の神殿で、ボスの倒し方を間違えて、なんとゲームオーバー! なにやってるのおーっ\(><@)/ なんとか立ち直り、ゼルダの作業中にマスターソードを抜き、瓶ももう一つ手にし、魔法の薬を入れ、ハートのかけらも集めてもう一つ器をゲットし・・・いざ、ラストバトルに突入よ! これって、ガノンなのかな? なんかもう、そんなことかまってられない状態の私なので覚えちゃいねぇ(^^;) でも、要領つかめなくて、死にかけ! 正しい倒し方は、奴が燭台の明かりを消したら、ロッドで火をつけ(つけないと何処にいるのかわからない)、銀の矢プラスマスターソードで攻撃! これが正解! 正解をつかんだら、あっと言う間に倒れてくれた。なーんだ〜状態(^^;)

 1時間弱という制限時間内で、解けるダンジョンを設計してあることにまず感動! 簡単なんだけど、簡単過ぎなくて面白い。4のラストのゼルダの解読が、早くクリアしても決められた時間まで終了しない(もうちょっと待ってね、といわれる)のは、かなり無理矢理な足止めだし(クリア時間にばらつきが出ると、音声とかみ合わないから仕方がない)、冒険中に助けてくれる光の攻撃は意味のないタイミングのことが多いけれど、冒険するのがリンクじゃなくて自分(サテラビューに登録した性別のキャラになる)、ってところもうれしいし、何より、新しいゼルダが遊べたことが何よりうれしい。是非、続編を! と、お願いして終わっちゃうです(^^@)

/Home/Nintendo/

Copyright (C) Yukie Sato.