/Home/Nintendo/
任天堂関連ニュース

ニュースソースの引用に問題がある場合は即刻削除いたしますのでご連絡をお願いいたします

 〜1998/6/29 〜1998/8/21 〜1999/1/29


2001年


05/10 時事通信ニュース速報

 9日付の米紙ロサンゼルス・タイムズは、ゲームキューブのソフト開発に、米大手ソフト会社エレクトロニック・アーツ(本社カリフォルニア州)が参加する見通しだと報じた。
 エレクトロニック社は、独立系としては世界最大のゲームソフトメーカー。スポーツものを中心に数々の大 ヒットを生み出している。

03/22 共同通信経済ニュース速報

 画像や音声、通信分野のシステムLSIを研究開発するメガチップスは22日、台湾の半導体メーカー マクロニクスと任天堂との3社間で、ゲーム機器用LSIの安定供給契約を結んだと発表した。
 メガチップスは、同社が研究開発したゲーム機器用LSIをマクロニクスに生産委託する。マクロニクスは、任天堂から総額約90億円の半導体製造装置のリースを受け、8インチ基板で月産約3000枚規模の専用ラインを設置する。
 任天堂は、LSIの安定供給により人気ゲーム機の需要に対応できる。LSIは、ゲームボーイアドバンスや、ゲームキューブに使用する。


03/19 毎日インターネット情報

 KDDIとauグループは16日、ポケットモンスターのキャラクターをデザインしたプリペイドカードを3月下旬以 降発売すると発表した。関東・中部地区では1000円、3000円、5000円の3種類、それ以外の地域では1000円と3000円の2種類がauショップで販売されるという。


02/26 NECニュースリリースGAME Watch

 NECおよびNEC九州は、ゲームキューブ用の半導体生産工場「第9拡散ライン」を熊本のNEC九州敷地内に建設、竣工。生産されるのは主にゲームキューブ用の0.18μm・DRAM混載プロセス採用により高度な3次元画像処理を実現するシステムLSI。生産能力は8インチウェハで月産1万枚。同ラインは2000年8月に試作を開始し、2001年1月からすでに量産体制に入っている。また、同工場は0.18μmよりさらに微細な0.13μmの生産まで可能。

2000年


06/13 時事通信ニュース速報

 任天堂は13日、家庭用ゲーム機「NINTENDO64」の新モデルで、ポケットモンスター」の人気キャラクター「ピカチュウ」を配したタイプ「ピカチュウNINTENDO64」を、7月21日から国内で販売すると発表した。夏休みにポケモン関連映画が公開されるのに合わせ、主にファミリー層への販売拡大を目指す。
 新モデルは、本体表面の右側にピカチュウが浮き出た形で、スイッチを入れるとピカチュウのほっぺたの部分が点滅して明かりが点灯する。また、ピカチュウの右足はリセットスイッチになっている。機能は現行機種と同じで、希望小売価格も1万4000円、黄色とオレンジ、黄色と青色のツートンカラー2種類。


05/26 読売新聞ニュース速報

 任天堂は26日、年内に予定していたドルフィンの発売が、年明け以降にずれ込むことを明らかにした。ゲームボーイアドバンス」についても、8月の発売予定を延期することを正式に表明し、「クリスマス商戦には間に合わせたい」としている。携帯電話の爆発的な需要増で液晶や半導体関連の部品が品薄なのに加え、国内外で現行機のゲームボーイカラーが好調で、部品の割り振りが難しくなっているためだ。
 ドルフィンについては、米国任天堂はすでに発売を2001年上期に先送りする方針を決めており、国内での発売も2001年春以降になる公算が大きい。


05/26 毎日新聞ニュース速報

 任天堂が26日発表した2000年3月期連結決算は、円高による売り上げの目減りが大きく響き、6期ぶりの減収減益となった。しかし、販売台数では携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」が大幅に増加。同ゲーム機のハードは過去最高の1745万台を売り上げ、ゲームソフトも人気の「ポケットモンスター」がけん引して前期比1・5倍の6771万本が売れたが、円高による減収減益分をカバーできなかった。
 同社の売上高は前期比7・4%減の5306億円、営業利益は同7・1%減の1450億円、経常利益は同34・5%減の1083億円、当期利益は同34・7%減の560億円にとどまった。為替の影響のほか、ゲームボーイ向けの液晶や半導体などの主要部品不足による販売ロスも大きかったという。今西紘史取締役は「前期並みの為替水準だったら過去最高の経常利益を計上できた」と残念がった。


05/26 共同通信経済ニュース速報他

6/29付人事
▽副社長(常任顧問)浅田篤
▽常務(取締役)森仁洋
▽取締役 製造本部長永井信夫、総合開発本部長竹田玄洋、情報開発本部長宮本茂、経営企画室長岩田聡
▽監査役(情報開発本部長)福井公芳
▽退任 常務谷本克典、取締役福田博之、大西康博、荒川実、ハワード・リンカーン、監査役近藤良明


04/04 読売新聞ニュース速報

 任天堂は三日、人気携帯ゲーム機「ゲームボーイ」の次世代機となるゲームボーイアドバンスを予定通り八月に発売することが困難になったことを明らかにした。情報・通信関連の電子部品が一部で品薄状態になっており、半導体などが予定通り入手できない見通しになったためという。このため、年末に予定している次世代家庭用ゲーム機ドルフィンの発売時期にも影響が出る可能性が出てきた。任天堂は、すでに、現行のゲームボーイカラーを携帯電話と結ぶ専用アダプターの発売を四月から今秋に延期することを決めており、相次ぐ延期に消費者から不満の声も出そうだ。
 ゲームボーイアドバンスは、画面を現行機種の約1.5倍に大きくし、画像を精細にすることなどが特長で、99年9月に2000年8月に発売すると発表していた。しかし、携帯電話の急速な普及などで、半導体や液晶の一部が品薄になっていることから、任天堂と電子部品メーカーとの価格交渉が難航しており、まとまった数を確保するのが難しくなっているという。少ない数だけ発売すると、市場に混乱を招く恐れがあるため、ある程度の数が確保できるまで、発売を延期することになりそうだ。現行のゲームボーイやゲームボーイカラーは、人気ソフトの「ポケットモンスター」を投入した米国市場で急速に伸びており、今年五月には世界の累積販売台数が一億台を突破する見通しだ。このため、今回の発売延期には、「現行機種が好調な時期に、あわてて次世代機を出す必要はない」という読みもあるようだ。マイクロソフトが2001年秋に家庭用ゲーム機の発売を表明するなど、新規参入の動きも強まっており、部品メーカーの増産投資が遅れる中で、ゲーム機メーカー同士の部品の奪い合いが激しくなりそうだ。


03/26 朝日新聞ニュース速報

 任天堂は25日、ゲームボーイの次世代機を携帯電話と一体型にし、2001年にも発売する方針を明らかにした。プレイステーション2に対し、持ち運びができる携帯電話型ゲーム機で新しい市場をつくるねらいだ。
 一体型のゲーム機は大容量の情報を送受信できる次世代の携帯電話に合わせて開発を進める。携帯電話機メーカーと協力し、任天堂が開発したゲーム機能とゲームソフトを組み込んでいくという。ポケットモンスターは、キャラクターを育てたり、捜したりするが、友達同士が携帯電話でキャラクターを交換できるようにする。
 携帯電話と一体型のゲーム機の発売に先立ち、今年秋には国内で、現在のゲームボーイカラーと携帯電話を接続できるように専用アダプターと送受信用ソフトを合わせて1万円以下で発売する。昨年11月の発売以来、700万本以上が売れたポケモン金・銀のキャラクターを交換したり、専用のコンピューターに接続してキャラクターを1回10円程度で取り込んだりできるようにする。
 任天堂は家庭用ゲーム機では年内にも高画質の次世代機「ドルフィン(仮称)」を発売する予定だが、家庭用ゲーム機の市場ではSCEのプレステ2の人気が高い。一方、携帯型ゲーム機は、全世界でポケモンが大人気になるなど圧倒的に強い。利用者が急増している携帯電話と一体化することで、新しいゲームファンを開拓できるとしている。


03/14 共同通信ニュース速報他

 任天堂は13日、年末に予定していたドルフィン(仮)の米国と欧州での発売を来年前半に延期することを明らかにした。現行のゲーム機やそれに対応するソフトの売れ行きが好調で、次世代機を急いで販売する必要がないと判断したという。ただ、今月初めに競合相手のソニーが先行してプレイステーション2を発売。米国での販売もソニーが先行する見通しが強まり、世界的な顧客の獲得競争に遅れる恐れもある。
 任天堂はこれまで、新型のゲーム機の発売を開発上の理由で延期したことがあるが、今回は「開発の遅れは一切ない」とし、ハード面の問題ではないと強調している。

 日本での発売予定に関する今西紘史任天堂取締役コメント「ドルフィンは2000年12月、ゲームボーイアドバンスは同年8月の予定から変更はされていない」


03/09 共同通信ニュース速報他

 AP通信によると、米国任天堂とニューヨーク州当局は八日、NINTENDO 64のマリオパーティー(アメリカで百万個販売、現在は生産が中止)で遊んだ子どもが手にけがを負ったとされる訴えで、同社が手のひらなどを保護する手袋を配布することで和解した。
 訴えは、夢中になって無理に手のひらで3Dスティックを動かしているうちに、子どもがマメや切り傷をつくったというもの。和解は、ゲーム機のある家庭に四組ずつ手袋を配るとの内容で、任天堂は手袋代八千万ドルを支払うほか、州当局の調査費用として七万五千ドルを出す。
 米国任天堂によると、昨年二月以来、全米で百万台のゲーム機が売れているが、苦情は約九十件で、深刻なものはないという。 任天堂広報部は「日本国内では同種の苦情はないので、そのような対応は考えていない」としている。


02/29 任天堂ホームページ・共同通信経済ニュース速報

 電通と任天堂は、携帯ゲーム機向けのソフトを開発する会社を3月1日に設立すると発表した。電通がゲームソフトの分野で事業を手掛けるのはこれが初めて。一方、任天堂がこの分野で合弁会社を設立するのは、昨年10月のゲームソフト開発大手のコナミに続くものとなる。両社が新会社をつくるのは、人気が高い携帯ゲーム機向けのソフトの開発を強化したい任天堂と、新しいビジネスとしてゲーム分野に参入したい電通の考えが一致したためだ。
 新会社はエヌディーキューブ株式会社(東京、資本金3億円)で、任天堂が78%(23,400万円)、電通が13.3%(4,000万円)を出資する。社長には電通の研究開発担当の相良守哉氏が就任する。開発するのは、携帯電話を使って取り込む新型の携帯ゲーム機用のソフト。電通はこのゲームの中に広告を掲載することを検討している。株式のストックオプション付与、2002年度に株式公開を目指す。


02/29 共同通信ニュース速報・毎日新聞ニュース速報・朝日新聞ニュース速報

 任天堂はコンビニエンスストア大手のローソンに資本参加することを明らかにした。ローソンの店頭でのゲームソフト販売などで両社の提携関係を強めるのが狙い。
 ダイエーグループの持ち株会社が、三月末までにローソン株式と交換できる社債を発行。任天堂はこの社債を購入することで、発行済み株式の3%(約6万9000株)を取得する。取得額は約255億円。
 任天堂は、パソコンやゲーム機を使いインターネットを通じてゲームボーイのソフトや人気キャラクターのポケモン関連商品などを受注、ローソンの店頭で商品を受け渡し代金を回収する仕組みを構築する。ローソンへの出資で、ゲーム機やソフト販売の拠点として活用できるほか、電子商取引の新ビジネスを展開する狙いもある。4月に発売予定のゲームボーイと携帯電話をつなぐアダプターや、来春の発売へ向け開発中の新しいポケットモンスター・カードゲームなどをローソンで取り扱う検討を進めている。任天堂は「販路開拓のため、ローソン以外のコンビニとの連携も考えたい」としている。


02/04 共同通信ニュース速報

 【ニューヨーク3日共同】カナダからの報道によると、フランス語を公用語としている同国ケベック州政府は三日、ポケットモンスターで人気の任天堂と、テレビゲーム世界最大手のソニーが、同州内でフランス語のゲームをそれぞれ販売することに合意したと発表した。
 ポケモンはカナダでも英語のテレビ放送が始まり、子供たちの間で人気が高まっている。ロイター通信によると、同州は商標などでの外国語の使用を法律で制限しており、フランス語版を導入しなければ両社を提訴すると警告していた。今後はセガ・エンタープライゼスなどほかのゲーム会社や映画DVDメーカーにも同様の措置を求める方針。


02/02 共同通信経済ニュース速報

 任天堂が大幅高。後場に入って値幅制限いっぱいとなる前日終値比2000円高まで値を上げ、2万円台を回復して推移した。大型の投資信託設定による需給面での安心感が好感されている。大手証券の市場担当者は「もう一段、上値を目指す可能性が高い」と期待する。


02/02 時事通信ニュース速報

 外務省は今月上旬、日本生まれの人気キャラクター「ポケットモンスター」をテーマに、米国の2都市で講演会を開催する。日本の現状を海外に紹介する広報活動の一環で、ゲーム・映画などが全米で大ヒットしたポケモンを通じて日本の現代文化をPRするのが狙いという。


01/24 共同通信経済ニュース速報

 ゲームソフトをインターネット上で配布できるようにし、任天堂の著作権を侵害したとして、京都府警生活環境課と松原署などは24日、著作権法違反の疑いで、東京都江戸川区のイラストレーター(26)を書類送検した。調べでは、イラストレーターは昨年8月から11月、任天堂が著作権を持つマリオゴルフGBを無断でコピー。自分のホームページにアクセスすれば無料でダウンロードできるよう設定し、同社の著作権を侵害した疑い。この間に約60人がダウンロードしており、任天堂が昨年11月に松原署に告訴していた。イラストレーターは「自分のコンピューターの技術を知らせたかった」などと動機を話しているという。マリオゴルフGBは、昨年8月の発売以来約40万本売れたヒット商品。


1/6 BizTech News

 米Cygnus Solutions社は、任天堂が2000年8月に発売を予定しているゲームボーイの後継製品「ゲームボーイアドバンス」向けに、ソフトウエア開発環境「GNUPro」を提供する。ゲームボーイアドバンスは、英ARM社が開発したRISC型32ビットCPUを搭載する携帯型ゲーム機。GNUProはGNUコンパイラ、GNUデバッガなどから構成される。


12/29 共同通信経済ニュース速報・読売新聞ニュース速報

 29日付の英紙ガーディアンによると、“超能力”によるスプーン曲げで一世を風靡(ふうび)したイスラエル人のユリ・ゲラーさん(53)が、人気ソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターに無断で自分のイメージが使われたとして、メーカーの任天堂(京都市)を相手に6000万ポンド(約100億円)を超える損害賠償請求訴訟の準備をしていると語った。
 念力を特長とする日本名「ユンゲラー」のキャラクターについて、ゲラーさんは「私のイメージそのものだが、任天堂からは何の断りもなかった」「私のイメージが悪役のポケモンに転用され、頭にきている」としており、今週中にも日本で訴訟開始に向けた手続きをとるという。同紙は、ポケモンが世界中で販売されているため、ゲラーさんは欧米やオーストラリアなどの弁護士にも訴訟準備をするよう指示していると報じた。
 一方、任天堂の今西紘史・広報室長は「ゲームのキャラクターの名称は当社の造語であり、ゲラーさんのイメージなどをまねをしたものではない」とイメージの盗用を否定した。


12/27 共同通信経済ニュース速報 北浜だより(後場)

 任天堂がさえない。為替が円高で高止まりしている上、期待されたクリスマス商戦も積極的な材料にはならなかった。ほかの値がさ株が新高値を更新する中で、足踏みを続けている。大手証券の市場担当者は「もっと動いてもおかしくないのに値動きが悪い。そのこと自体が、嫌気されている最大の理由」とみている。


12/23 時事通信ニュース速報

 22日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、米国内でクリスマスプレゼントとしてゲームボーイの人気が沸騰、がん具店でもオンラインショップでも品切れの状態になっていると伝えた。米国任天堂の関係者は1週間前に在庫が底をついたことを認めた上で、「来月半ばまで小売店は入荷できないと思う」と嬉しい悲鳴をあげた。ゲームボーイは今年800万台の売れ行きになる見通しだが、在庫不足の影響は深刻で、「少なくとも900万台は販売可能だった」(同社)と推計されている。


12/21 共同通信経済ニュース速報・読売新聞ニュース速報

 任天堂は21日、浅田篤・前シャープ副社長(66)を同日付で常任顧問として迎え入れたと発表した。来年6月の株主総会後の取締役会で役員に就任する見通し。任天堂がシャープの元役員を自社の役員候補として迎えるのは初めて。任天堂は携帯ゲーム機の画面に使う液晶の生産をシャープに委託しており、両社の関係を強める狙いもあるとみられる。浅田氏は1955年に早川電機工業(現シャープ)に入社し、電卓の開発や液晶の事業化に貢献、IC事業本部長などを経て、88年4月から98年6月まで副社長を務めた。98年に同社常任顧問に退き、今年12月15日に退社した。任天堂は技術畑出身の役員が少ないことから、シャープで技術担当副社長を長く務めた浅田氏を招き、主に、開発部門の指導、助言をしてもらう。ゲーム機担当の技術者と浅田氏は10年以上の交流があり、山内溥社長が浅田氏を招くことを決めた。


12/18 朝日新聞ニュース速報

 「佐々木投手には、大リーグのピカチュウになってもらいたい」
 記者会見場が、どっとわいた。言ったのは、任天堂の山内溥社長。ピカチュウが活躍するポケットモンスター(ポケモン)を日米に送り出した、その人だ。マリナーズの筆頭株主でもある。
 3年の総額で1500万ドル(15億4500万円=推定)。右ひじを手術した直後の選手には破格の数字だ。1年では500万ドルになり、今年のワールドシリーズのMVPを獲得したヤンキースの抑え投手リベラの今年の年俸の425万ドルよりも高い。マリナーズがこれだけの好条件を出した裏に、任天堂の思惑が見え隠れする。
 山内社長は言った。「マリナーズを買収したのが7年半前。それから今まで、球団経営に口出ししたことはなかった。それが、メジャーで日本人選手が活躍するのを見て、佐々木投手にはぜひうちに来て欲しいと思った」筆頭オーナーの一声は、好条件につながっているだろう。野茂、吉井らは日本にいた時よりも悪い条件で大リーグ入りした。佐々木は逆にいい条件になった。その分、1年目から、言い訳はきかない。


12/18 読売新聞ニュース速報

 任天堂の山内溥(ひろし)社長は17日、世界的なヒット作となったゲームソフトの人気キャラクター「ポケットモンスター」のテーマパーク「ポケモンワールド」を本社のある京都市内に建設する構想を明らかにした。すでに京都市に用地のあっせんを依頼しており、用地取得後、一年程度での完成を予定している。実現すれば、世界のポケモンファンの注目の場所となりそうだ。
 山内社長は、ポケモンをディズニーのミッキーマウスのような「息長く愛されるキャラクターに育てたい」と話している。京都市側も「寺院中心の観光の新しい目玉になる」として用地の選定などについて協力を得られることになったという。
 関係者によると、テーマパークの規模は「東京ドーム(約四万七千平方メートル)程度」の広さを想定している。具体的な内容は未定だが、コンピューター映像を駆使し、森の中で「ピカチュウ」をはじめとするポケットモンスターを探し出して「ゲット」するポケモンの世界を体感できるようなものになると見られる。
 山内社長は「ふさわしい場所が見つかれば、アイデアを出したい。個人で費用を負担してもいいと思っている」と話している。


12/16 毎日新聞企業ニュースリリース

 日本アイ・ビー・エム(社長・大歳卓麻)は16日、任天堂とリクルートの共同出資による合弁会社、ランドネットディディ(本社・東京都中央区、田中正則社長)が提供する、家庭用ゲーム機とTVモニターを利用する会員制新ネットワーク・サービス『ランドネット』のシステムを構築したことを発表しました。
 ランドネットは、任天堂の家庭用ゲーム機「NINTENDO64」と、周辺機器である「64DD(ディスクドライブ)」、およびTVモニターを利用して、ネット経由で新作ゲームを取り込んだり、ゲームの書き換えができることに加え、eメール交換やホームページの閲覧などインターネットを楽しめる会員制サービスです。月額2,500円、入会金無料という低料金で、64DDなどのハードウェアに、専用ゲームソフト6本と接続時間無制限のインターネット利用がセットで提供されることが最大の特徴です。ランドネットディディでは、今後3年間で50万人の会員を見込んでいます。
 同サービスは、99年12月から、64DD対応新作ゲームをオフラインで楽しめるサービスの第1フェーズを提供開始しました。2000年2月には、インターネット上で遊べる各種デジタル・コンテンツ・サービス、インターネット接続関連のサービスが本格展開を開始する計画です。
 日本アイ・ビー・エムは、12月から稼動を開始したランドネットの会員管理システム、コンテンツ管理システムや、インターネット接続のセンター・システム、ランドネット会員専用のネットワークアクセスポイント、認証システム等を全面的に構築しています。また会員からの問合せに対応するコールセンターをはじめ、サーバー/ネットワークの運用やシステムの保守管理業務等のサービスも同時に受託しました。
 センター・システムのWebサーバー/メール・サーバーでは、IBM のUNIX超並列サーバー「RS/6000 SP」を2フレーム(4WAYのCPUを6ノード搭載)、認証やセキュリティ制御用に「RS/6000」を約30台利用しているほか、会員管理や販売管理用の業務サーバーとして統合ビジネス・サーバー「AS/400 e」を3台、コンテンツ管理用に「Netfinity」3台が採用された大型システムです。また、一部のコンテンツは、別途構築されたLinux搭載のNetfinity3台でも管理されます。
 同システムは、インターネットでのゲーム配信システムなどにおいて、Javaを基盤としたIBMの統合Webアプリケーション実行環境『WebSphere』、及びデータベース『DB2 Universal Database(UDB)』を全面採用し、IBMのe−business関連技術とサービスを統合しています。PCではない64DDという特殊なクライアント環境で、メールやホームページなどのインターネットを楽しめるように、サーバー上でJavaプログラム(サーブレット)を稼動させるWebSphereを採用しました。長野オリンピックで活用された負荷分散技術「Network Dispatcher」も利用しているため、10万人会員がアクセスしても安定した対応を行えます。また、64DDの中心利用者である若年層に配慮した、有害サイトへのアクセス制御を行っているため、保護者も安心してインターネットにアクセスできます。
 ■問い合わせ先■日本アイ・ビー・エム


12/16 朝日新聞ニュース速報・共同通信ニュース速報

 任天堂は15日、日米で爆発的にヒット中のゲームソフト、ポケットモンスターの最新作を、ゲームボーイと携帯電話を接続して遊べるソフトの第1弾として来年4月に発売することを明らかにした。同社が狙う携帯電話とゲームを融合させた新しいゲーム市場開拓の先導役として、人気者「ポケモン」を起用した格好だ。
 新作ソフトはポケットモンスターX(仮称)。ポケモン金・銀と内容的には変わらない。ゲームボーイと携帯電話をつなぐアダプターと同時に売り出す。ポケモンXは携帯電話とつなぐことで、京セラのデータセンター(京都市)内に置く任天堂のホストコンピューターと接続。同じくホストに接続した別のユーザーとポケモンを交換できるほか、任天堂がホストに用意する新キャラクターなどのデータを取り込めるという。来年8月発売予定の次世代携帯型ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」にも対応している。
 任天堂の山内溥社長は「携帯電話を使った新しいゲームのジャンルを理解してもらうには、『交換』『収集』の要素が盛り込まれた『ポケモン』が一番よいと判断した」と話している。
 「ポケモン」シリーズは1996年2月の発売以来、「ポケモン赤」「緑」「青」「ピカチュウ」の4タイトル合計で、9月末までに国内で1279万本、海外で1067万本が売れた。11月に国内で発売された「金」「銀」も、発売前に200万本以上の予約が殺到するなど大人気で、年度内に800万本の売り上げを見込んでいる。米国ではゲームに加え、テレビアニメも人気を呼んでいる。11月に米国で封切られたアニメ映画も、週間興行収入ランキング1位を獲得する大ヒットとなった。


12/14 共同通信ニュース速報

 売れるチャンスを逃してしまう―。任天堂は、携帯ゲーム機に組み込む液晶画面の生産を委託しているシャープに増産態勢をとるよう催促している。ポケモンなど人気ソフトの発売をきっかけにゲーム機も売れ、各地の店頭で品薄気味になっているためだ。
 カーナビゲーションやパソコン用の液晶生産に追われるシャープは「増産は難しい」と対応への腰は重い。クリスマス商戦を迎えた今、任天堂は「商機をみすみす逃してしまう」とじだんだを踏む心境のようだ。
 任天堂は今春、ゲームボーイの液晶をシャープに月産150万台で委託したが、9月までに国内外で月間130万台ペースで売れ「品切れ」の店が続出。月産200万台への増強を要請したところ、工場の供給能力を理由に応じてもらえなかったという。
 ゲームソフトの販売店にとって今年のクリスマス商戦の目玉はポケモン。ゲーム機の売り込みでもまたとないチャンスだが、大阪市内の家電量販店の担当者は「品薄で売り上げは昨年の約六割にとどまるのではないか」と肩を落とす。
 任天堂は「品質面でシャープ以外に液晶の生産を委託することは考えにくい」と話しており、当初の生産計画の「誤算」を悔やむ。今年9月中間決算は減収減益で「今からでも増産してくれれば通期で増収を確保できるのに」と嘆いている。

12/13 読売新聞ニュース速報

 13日発売の米タイム誌最新号(アジア版、12/20号)は、アジア地域を中心に、今年、世界を最もにぎわせた人物や出来事を選ぶ「1999年のベストとワースト」を発表した。ベスト人物部門では、プエルトリコ出身の米人気歌手リッキー・マーティンと並び、日本のアニメ「ポケットモンスター(ポケモン)」の人気キャラクター「ピカチュウ」が選ばれた。 ピカチュウの選出理由は、「『ハローキティ』以来、最も愛くるしいアニメキャラクターで、世界の子供たちを笑顔いっぱいのポケモンマニアに変えた」こと。


12/11 読売新聞ニュース速報

 カナダのケベック州政府は、任天堂カナダを仏語表示を義務づける州法違反で告訴すると発表。「ポケモン」「スーパーマリオ」のゲームソフトなどのフランス語版を年末までに製造しない場合。


11/26 スポニチ芸能ニュース

 全米公開された映画「ポケットモンスター・ミュウツーの逆襲」の大ヒットに関し、テレビ東京の一木豊社長は25日の定例会見で「これほど爆発的ヒットになるとは予想外。ありがたいことだ」と話した。23日までの全米興行収入は6863万ドル(約71億円)。米国での興収の大半は各映画館や配給のワーナーに渡るため、テレ東の取り分はわずか1%(7千万円強)程度。社員への特別ボーナスなどはなさそうだが、年末から来年にかけては豪州、中南米、欧州などでの公開も決定。グッズ売り上げなどが伸びるのも確実で、波及効果は絶大だ。


11/24 共同通信ニュース速報他

 任天堂が24日発表した今年9月中間決算の売上高は前年同期比5%減の1901億7500万円だった。経常利益は円高などの影響で68%減の201億7000万円と大幅な減益となった。減益は3年ぶり。
 ゲームボーイが好調だったが、64を米国で値下げしたことが影響した。また円高のため為替差損が517億円発生した。2000年3月期は売上高が前期比1.5%減の4600億円、経常利益が26.1%減の1000億円の見通し。


11/24 共同通信経済ニュース速報

 任天堂は24日、ポケットモンスター金・銀の販売本数が来春までに800万本に達するとの見通しを明らかにした。実売すれば、同社のスーパーマリオブラザーズ(681万本)を上回り、国内のゲームソフトの販売本数としては過去最多を更新する。
 さらに海外市場では、10月から前作ソフトのポケットモンスター赤・緑を米国に続いて欧州でも発売しており、年内にポケモンシリーズの海外販売が800万本を超える勢い。ポケモンは、日米欧を市場に同社のドル箱となりそうだ。
 任天堂は、最新作の金・銀を当初、300万本出荷する予定だったが、台湾の大地震の影響で180万本に限定。発売初日の21日に完売し、現在も予約が殺到している。
 ポケモンシリーズは、国内で赤・緑・青など合わせて1200万本、米国では赤・緑を中心に600万本がすでに出荷され、欧州でも年内には200万本を超える見通し。このソフトに対応するゲーム機も売れており、任天堂側は「生産が追いつかない」とうれしい悲鳴を上げている。


11/18 毎日新聞ニュース速報

 香港を拠点とする経済誌「ファー・イースタン・エコノミック・レビュー」のインタビューで小渕首相の発言
記者団「アメリカで日本のポケットモンスターというアニメが大ヒットしているが」
首相 「新聞で見たな。絵みたいなかわいいやつ。あれはなんて言うんだ。今度連れてきてくれ」


11/08 毎日新聞ニュース速報

 任天堂は8日、21日発売を予定したポケットモンスター金・銀が、21日に全量をユーザーに渡せなくなったとの告知を全国の販売店店頭で始めた。台湾大地震の影響で、台湾メーカーに製造を委託していたソフトを記録するマスクROMが、予定数量を確保できなくたったため。予約数200万個以上に対し出荷見込み数は180万個に留まっていた。12月1日までには追加で60万個分を確保し、予約分を出荷できる見通し。


10/18 NECプレスリリース

 NECはDolphin向け半導体を受注。動作周波数200MHzで0.18μm・DRAM混載プロセスを採用したグラフィックスLSI、およびデータ転送速度3.2Gバイト/秒の高速DRAM。累計受注規模はおよそ3,000億円を見込む。この受注と自社の最先端システムLSI製造のためNEC九州(社長:高島二郎、所在地:熊本県熊本市)に新工場(第9拡散ライン)の建設を決定。
 今回の受注はシステムLSIの実績と積極的な事業展開、メモリの技術開発・生産技術力に加え、64をはじめとした長年にわたる協力関係が評価されたものと分析。


10/01 毎日新聞ニュース速報

 任天堂は1日、2000年3月期決算を下方修正すると発表した。急激に円高が進み、今年9月中間期段階で為替差損が約500億円発生したため。ゲームボーイ用ソフト「ポケットモンスター金・銀」の発売が8月から11月にずれ込んだことや、8月に実施した海外でのゲーム機値下げも響いた。同社はこれまで支払いは原則として円で行ってきたが、今後はドルでの支払いも並行して行って為替リスクを軽減する。
 2000年3月期を売上高4600億円(当初予想比4・2%減)、経常利益1000億円(同28・6%減)、当期利益600億円(同20・0%減)に修正。通期で5期ぶりの減収減益になる見込み。当初、為替水準を1ドル=121円と予想していたが、9月末に約107円まで円高が進んだため、手持ちのドルやマルクの差損が出た。
 会見した山内溥社長は「ウチは為替予約はしない主義。だから、為替差損も出るが、為替差益も狙える。金利ゼロの円を持っていても意味がないので、高金利の外貨の持ち高が増えてしまう」と、同社の業績が為替でぶれるのはやむを得ないと説明した。
 しかし、山内社長は「ポケモン金銀は計800万本は売れる」として、本業は順調と強調。来年8月の展示会で、現在開発中のDolphinとゲームソフトを公開することを明らかにした。


10/01 GAMESPOT

  ニンテンドウオブアメリカとS3は米国時間9/30に、S3が持つテクスチャ圧縮技術をDolphinに搭載することを目的とした提携を発表した。この技術はDolphinのグラフィックチップの中に組み込まれることになるだろう。このテクスチャ圧縮技術は,通常のものに比べて6分の1にまで圧縮される。結果としてより少ないメモリの消費と読み込み時間の高速化が行える。つまり大量のテクスチャをゲーム内で使用できることになり、より美しいゲームを作ることができるようになる。

米任天堂会長ハワード・リンカーン氏のコメント
「ここ数年でテレビゲームにおけるグラフィックの改善は目覚ましいものがある。S3のグラフィック圧縮技術はDolphinにおいて私たちが目指すパフォーマンスを実現するために重要な力になるだろう」「彼ら独自のグラフィック圧縮技術で、開発メーカーはプレイヤーに対して、より複雑かつカラフルな画面を提供することができるだろう。われわれが以前に発表したIBM、松下、ArtX、およびMoSysといった会社との提携と今回のS3の技術を組み合わせることでDolphinを比類無いコンソールにすることができるだろう」


09/28 時事通信ニュース速報

 米大リーグ、マリナーズの最高経営責任者(CEO)に米国任天堂のハワード・リンカーン会長(59)が決まり、27日発表された。リンカーン氏は以前、60歳の誕生日を迎えた後に会長職を退くと公表しており、辞任後はマリナーズのCEOに就任するのではとうわさされていた。


09/25 共同通信ニュース速報・朝日新聞ニュース速報

 ポケットモンスターカードゲームは違法なギャンブルにあたるとして、米カリフォルニア州在住の子どもたちの代理人が米国任天堂など三社を相手に利益の返還や消費者側の損害分の賠償を求める訴訟を同州サンディエゴの連邦地裁に起こした。提訴は、6歳から8歳の3人のためにサンディエゴの法律事務所の弁護士が起こし、賠償請求額を特定しない集団訴訟の形式になっている。他にもニューヨーク州では母親たちが弁護士らと代表訴訟を準備している。
 原告側によると、ゲームをやるためにカードを購入する場合、プレミアムカードが無作為にデッキに入って販売されており、偶然が作用するという点を単なる子どもの遊びではなく、くじの一種にあたり違法だとしている。
 スポーツ選手などをテーマにしたカードについても違法だとする訴訟を、今回と同じ法律事務所が扱っている。ポケモンカードの場合、プレミアムカードを一様に当たりくじのように見なすのは無理だという見方も強く、提訴を疑問視する声もある。

 任天堂側コメント「理由のない提訴の場合、自分たちを守るつもりだ」「カード集めや交換がギャンブルだと主張して勝訴したケースはない」


09/22 PC watch

 松下電器産業が行ったプレス向けセミナーの質疑応答にて、次世代ゲーム機Dolphin(仮)について、日本では任天堂がゲーム機を発売するのと同時か若干遅れて、DVD-Videoを再生できるゲーム機の発売を松下が予定しているが、北米ではどういった展開を取るのかとの質問に松下電器産業取締役の河邊氏は「私はゲームはやる気がない。Dolphinはやりません」と否定。現時点でのDolphinの北米展開は任天堂のみとなりそう。


09/02 共同通信経済ニュース速報他

 任天堂とコナミは、携帯電話を利用した次世代携帯ゲーム機、ゲームボーイアドバンス向ソフト開発などを手がける新会社「モバイル21」を設立することで合意したと正式発表した。当初資本金3億円(出資比率は任天堂50%、コナミ50%) で1999年10月中旬に設立、2000年度中の株式公開を目指す。新会社の社長はコナミから派遣。社員は両社から計100人が出向してスタートするが、優秀なゲーム開発者も外部から広く募集する。資本金の30%(各15%)に当たる1800株分の株式は新会社の経営陣と社員に時価で譲渡する計画で、店頭公開時の株式売却による差益を「成功報酬」とする狙い。

 任天堂の山内溥社長のコメント
「国内ゲーム市場は十分な状況ではない。ゲームの質的変換が必要だ。それが日本では遅れており、ゲームの先行きに対する危機感が現れている」
「ゲームは重厚長大ではなく、軽薄 短小でなくてはならない。もちろん完成度が高いのが前提条件だ。だが現状は重厚長大で完成度が低いソフトが多い。今回合意に達した合弁会社では、完成度が高い軽薄短小なソフトを作り、メーカー としての指針を表したい」
「多いに普及している携帯電話との融合による、通信を中心とした新しいゲーム分野、新しい市場を作っていきたい」 「今後のゲーム市場の本命は普及が進む携帯電話とつながる携帯型ゲーム機。多額の費用や時間をかけずに、だれもが簡単に楽しめるゲームをつくる」
「次世代携帯電話の普及も見込んでこれまでになく魅力的な通信ゲームの仕掛けを用意している。日本のゲーム産業に革命を起こしたい」

 電話料金が高い日本でなじむのかという問いに対して任天堂のコメント
「確かに電話代はかかる。今は詳しく言えないが、電話代があまりかからないソフトの開発でいい案が出ている」


1999/08/27 時事通信ニュース速報

 27日からニンテンドウスペースワールド99がはじまりましたが、26日にコナミの東京ドームイベントで混乱があったため、報道関係はスペースワールドでも何かあるのかと期待していたようです。が、主催の任天堂は「かなり前から準備を進めてきた。万全の態勢だ」とコメント。当然でしょう。格が違うっての(^^)


1999/08/24 共同通信ニュース速報

 なんでゼルダが準グランプリ! ジャパン・ゲーム・オブ・ザ・イヤー。某に投票した人は64持ってないと見た(偏見)。フレッシュ賞はピカチュウげんきでちゅうが選出。


1999/08/05 共同通信経済ニュース速報

 大阪国税局は5日、近畿2府4県にある資本金10億円以上の大法人1134社を対象に、1998年度の所得金額の申告状況をまとめた。3位は任天堂で前年度の4位からランクアップ。


1999/07/27 時事通信ニュース速報

 26日付の米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、米国任天堂のリンカーン会長が来年2月に辞任すると報じた。辞任後は、米大リーグ球団シアトル・マリナーズの最高経営責任者(CEO)に就任する可能性があるという。


1999/07/08 共同通信経済ニュース速報

 ポケモンのキャラクターグッズの偽物が米国やカナダで大量に出回っていることから、米国任天堂は7日、偽物撃退キャンペーンを展開する、と発表した。輸入・流通業者に任天堂が公認していない「偽グッズ」を取り扱わないよう徹底するとともに、税関係官に偽物の見分け方を教え、摘発を促す。米ニュージャージー州の税関では先週、総額25万ドル相当のポケモンの人形やキーホルダー、時計などが押収された。


1999/05/06 共同通信経済ニュース速報

 ポケモンブームのおかげで米国でのゲームボーイの売り上げが台数で229%、売上高で336%増加。昨年11月からゲームボーイカラーを投入しており、これがポケモン・ブームに沸く市場に受けた。ゲームボーイのポケモン・ソフトはこれまでに25億ドルの売り上げを達成しており、周辺商品を含めてポケモン・ブームは50億ドル市場に成長している。


1999/02/13 時事通信ニュース速報

 中国広東省の夕刊紙・羊城晩報などによると、ピカチュウの偽グッズが同省内で大量に出回り、当局が取り締まりに躍起になっているとのこと。

/Home/Nintendo/

Copyright (C) Yukie Sato.