あおんの爆走兄弟レッツ&ゴー!!GoGo烈兄貴!/ TOP/GIRL/
烈

GoGo烈兄貴!
Final Session

Top

烈兄貴のひみつ
映画の見所
関連書籍
単行本
関連CD
 テーマ曲集PLUS!
関連ゲーム
 HYPER HEAT
他キャラ
グッズ
カードダス
爆走シール烈伝
トレーディングカード


爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP HYPER HEAT レビュー

 1998/1/3にChameleon Armyにて公開したレビューを復刻してみます(^^;) これがエターナルウィングスへ微妙に微細な影響を残すことになるのだ実は。


・まずは冷静にレビュー

 人気ミニ四駆アニメを題材にしたこのゲーム。ストーリーは、第一回WGPに六人目のレーサーとして参加し、TRFビクトリーズ(以下、TRFV)を優勝に導くと言うもの。いや、決勝に進めば優勝しなくてもいいんですが(^^;) 
 レースは、マシンをセッティングをしたらあとはスタートのタイミングだけに気をつければ、勝手に走ってゴールしてくれるんですが(ミニ四駆だから)、ただ見ているだけじゃなく、『□』ボタンでゲージをため、必殺技を繰り出す事が出来ます(シナリオモード)。もちろん各キャラクタ固有の技があれば、それをかましてくれます。コースアウトもありません。セッティングに使用するグレードアップパーツは、ローカルな『街角レース』に勝利する事によって手に入れる事が出来ます(特殊なものはイベントで調達)が、本当のミニ四駆レースではよく使うパーツでも、ゲームで使用すると遅くなる物もあり、一度セッティングが固まってしまえば、あまり悩む事もなくレースを進める事が出来ます。この点は、ミニ四駆のシミュレーションゲームがしたい方には物足りないかもしれません。
 しかし、このゲームの場合、このレース部分はあくまでミニゲームと化しているかもしれません(これは言い過ぎ)。とにかく、作品の世界に入って、好きなキャラクターといっしょに勝利をめざすというのが楽しい。こういうアニメ物で、その選択は大正解。実際、ファンの評価は低くありません。


・問題点

 しかし、とにかく操作性に難があります。メッセージのスピードを記憶していてくれない為、リセットするたびに設定しなければならないし、ロードするにもメモリーカードのチェックに時間がかかります(セーブも同じ)。
 セーブも、セーブ領域の場所が選べるのかと思い、好きなイベント部分をいつも使っているセーブ領域から離してセーブしても、次に見た時には結局間の空きが詰められてしまうことや、他のゲームで使っている領域も表示されてしまうなど、PSを、ソフトを入れないで立ち上げたときのメモリーカード画面のような、『そのまんま』な表示は不親切。そして、WGP後のイベント前にセーブ画面があるので、条件を満たしていない為にイベント画面に進めなくても、セーブしたあとではWGPをやり直すわけにもいかず、めちゃめちゃ悲しい! 進めるか進めないかを示してから、セーブ画面にするのが親切でしょう。
 セッティング画面でも、常にリストの一番最初(モーターならレブチューンから)が表示される為、現在装備しているパーツは別画面で確認しなくてはなりません。もう装備済みのパーツを再び装備してしまいそうになるのは非常にうざったい。
 レースが始まれば始まったで、セッティングのミスに気付いても、セッティング画面に戻ることは出来ません。実際にレースが始まったらどうしようもないコトですが、スタートのやり直しが無尽蔵に出来る以上、セッティングだって直させてくれたっていいはず。しかし現状ではリセットする以外に方法はなく、例のSCEIロゴ、PSロゴに始まって、ジャレコロゴ(スキップ)、オープニング(スキップ)、スタート画面、オプションでスピード設定、モード選択、ロード、イベント(スキップ)・・・私に我慢しろというのは無理です(^^;) 
 第一、このゲームの最大の欠陥は、めちゃめちゃロードする事なのです。キャラクターの声やポーズ替えなどで短くロードするのは我慢しても良いとしても(キャラゲーだから)、セーブやロードを選択しても、その画面に到達するまでにめちゃめちゃ読むのです。レースが始まる直前の、このレーサーが走りますよ画面の一枚絵を出す為にもめちゃめちゃ読むのです。えーい、うざってぇ(^^;)!! ロード時間が無ければ、このゲーム、半分の時間でクリアできるのではと思われます。アニメになんの感情も持たない方には、とてもお薦めできません。


・めざせ、究極のキャラゲー

 でもさぁ〜もう、烈兄貴が『あおんちゃん』なんて呼んでくれるだけで、このゲームはおっけーなのよぉぉ! くーっ(じたばた)! というように、とにかくファンにはうれしいゲーム。最後に2への期待を書き連ねて見たいと思います。

・ロード時間を半分以下にすること。
・上にあげた操作性の向上。
・手元リセットが必要。『データをロードする』もあったらうれしい(これだけでもいいかな)。
・キャラクターの特徴を曲げないこと。クリスマスレースを例に取ると、チイコちゃんは烈兄貴以外を『様』づけでは呼ばないし、リョウがチイコちゃんと話す部分はすべて烈兄貴の台詞にするのが正しいはず。←リョウの台詞にしたのは台詞の量の配分の問題?(かんぐり)
・TRFVのメンバー達と、もっと仲良くなりたい。現状ではレース以外でのからみが少ないので、メンバーのおうちに遊びにいけたりすると良い。
・キャラクターがしゃべるイベントを多く。導入部分が終わって、一章が始まった途端にしゃべらなくなったので、何か操作を間違えたのかと思い、びっくりしてリセットしてやりなおしてしまった(^^;) でも全部しゃべるとキャラクターに名前を呼んでもらえなくなっちゃうからなー(^^;)
・難易度は現状で問題無し。でも、もっとハードなのをお好みな男性の為に、1ランクシビアなモードがあってもいいかも。男の子キャラは上級者むけとか。でも、あまり厳しくすると、ただの『正解探しゲーム』になってしまうので現状維持でいいのかな。
・ガンブラスターXTOが出てないのは論外(/_;) フルカウルミニ四駆総動員でお願いしたい!
・MAXのキャラも出てくるんだろうけれど、旧キャラは高見さんのデザインのままで是非。



TOP

Copyright (C)Yukie Sato.