/Let's/

レッツ&ゴー・フォーエバーライブ with J-CUP 10th Anniversary の報告

 あおんよりずっと丁寧な金子正俊さんのレポートも是非あわせてご覧ください(^^) とくに声優さん達のトークは詳細です。リンクしていただいてて恐縮です(^^ゞ

もう一度ポスターを見てみたい



★ ライブデータ ★ ※過ちがあるので発見しだいどんどん連絡乞う

日時 1997年12月26日(金)
   18:30開場(ポスターでは18:00)19:00開演
   
会場 渋谷エッグマン(渋谷公会堂 前)
主催 フォーエバーライブ実行委員会
   ※とはいえ、とにかくこまかいところまでつのさんが手を掛けている
料金 5000円(税込み・関係者への花束代含む)

出演(敬称略)
 影山ヒロノブ
 ミニ四ファイター
 メカニックマン
 つのごうじ(MC)
 渕崎ゆり子(烈兄貴)
 池澤春菜(豪)
 渡辺久美子(J)
 神代知衣(藤吉)
 高乃 麗(リョウ)
 大谷育江(二郎丸)
 西村ちなみ(ジュン)
 森久保祥太郎(アニメのミニ四ファイター・司会)
 玄田哲章(三国菊之丞)
 コロコログリークラブ
 木藤聡子(レイ・欠席)

演奏(敬称略)
 ベース つのごうじ
 ギター 松澤 浩明
 ドラム Brother Nao
 サックス 竹上 吉成
 キーボード 須藤 賢一
 コンピュータ担当 ぶらざーなぐ

協力 小学館コロコロコミック、小学館プロダクション、田宮模型、ジーベック、
   81プロデュース、イズム、ニフティサーブ・アニメフォーラム(敬称略)



 結局会場には18時半にはつけなくて、会場の前はすごい人。どうしようと思ったけれど、番号のおかげで16番目。いつかさんかなーと思われるかたに声を掛けられずじまい。ごめんなさい。あいさんはまったくわからず(^^;) オールスタンディングでも前のほうは椅子があり(舞台向かって右側は関係者様の席。見た事ありそな方々が)、助かりました。でも、200番台の人達も先に入ったとかでちょっと不満が漏れていたり。前から三列目の真ん中へんをキープできましたが、前の人がたくましい男性方だったのでちょうど真ん中が見えない!! ポジショニング失敗(^^;) でも、ここよりいいところは無かったとおもうなぁ。振り向いて見ると立ち見の人達は相当狭くてすごそうな雰囲気。やはりいすが邪魔だったよう。でも、面白かったのは立ち見の方だったんじゃないかしら。座っていると落ち着いちゃって。はるかかなた後方に、前に写真を見せてもらった事があるジョーちゃん達を発見。コスプレちゃん達も大変だ。

 19時すぎ、開始。森久保ファイター(司会?担当)が登場すると、後ろのお嬢さん方が『かわいーっ!!』とブチキレ状態に(^^;) 席変わりましょうか、と言いそうになった(^^;)←その気はまったくないけど(^^;) そんなに人気があったんだね。ごめんなさいね、声優さんのことにまったくといっていいほど疎いの私。かわゆい森久保さんより画面のファイターの方がたくましくて私は好み(^^;) 森久保ファイターは、本物ファイターの冬服を借りての登場。

 over the top(ほんとはこれ一曲じゃなくもっと他の曲もやって欲しかった。開始前に会場に流れてはいたけれど)のあと、影山様登場。もちろんGET THE WORLD(^^) わー本物だぁ(^^;) 当然歌詞カード無しで全部歌えるのは常識だ。あーうれしー。影山様はここでいったん退場。

 つづいて13話から25話までのエンディング曲だった『傷つくこともできない』を梶谷美由紀さんが。細身のかわいらしいかた(^^) 東京でのライブは初めてだそうです。この曲、どう考えてもLet's&Go!!のエンディングになっていないと思うのですが、曲としてはいいのでじっくり聞きたかったのです。でも、隣の二人が大合唱なので台無し(^^;) 今は聞く時には聞くのがフツーだと思うんだけど、違うの?

 次はメカニックマンとミニ四ファイター(夏服)が登場で、森久保ファイターと長いあいだボケあい(^^;) 映画やミニ四駆ビデオを見ている人はノリがわかるはず。どこからタライが落ちてくるのか、いつ爆発して顔が真っ黒になるのかと思いましたがそれは無し(^^;) そのかわり『生コロコロ』を披露してくれました。めちやめちゃ感動っすよ(^^;)! 自分がどんなにメカマンファンか、気がついたですよ今日。だいたい、メカマンに生で逢えたことが、生の渕崎さんを見た事ことよりずーっとうれしかったんだから、もー烈兄貴フリーク失格(^^;)? 生J Cup is No.1と生ココロの中のチャンプ(二時間ぶっ続けで聞いても平気な程好き・生で影山様のコーラスがあったらもっと良かった(^^;))を聞けて、たとえここでライブが終わりでも許す! と思っちゃったもんな(^^;) しかも、映画で登場したミニ四駆が! ライトがあたったガンブラスターがめちゃめちゃきれいなのよぉ〜!! 感涙〜! なんだか感動している所が人と確実にずれているような気もするけれど気にしないで(^^;)

 つづいて、烈豪兄弟以外の声優さん達(左から藤吉ジュンJリョウだすだすの順でステージに)が登場。だすだすは最初、おしゃべりピカチュウでの参加(^^;) でもちゃんと、ご本人がいらっしゃっていました(^^) ひとしきりのトークの後、しばし退場。

 木藤さん(レイ)は事情により欠席されたのですが、かわって三国菊之丞御大登場(^^) 実物も貫禄十分で、パパと呼ばせてください(^^;) ちょっと好み(^^;) チイコちゃんがいなかったのが残念。観客みんなでチイコちゃんをやってましたが(^^;) 我が名は三国をコロコログリークラブ(カト監督やメカマンも参加)付で。演説はずっとフレンドリーな感じでした。目標も5827社とご自身で述べられました(^^)

 また影山様ご登場で、跳ぶぜ、Let's&Go!!とGet up! V MAGNUM(順番逆?)とFRIEND OF TEARSを。影山様への曲のかけ声(なんじゃそりゃ(^^;))は、一定の決まりがあるのか、どの曲も同じ応援なお客さん方。

 そして烈豪兄弟登場! しかもコスプレ(^^)! 烈兄貴は漫画バージョン(前はハリケーンソニック、後ろのロゴは『RETU』を採用していました)で、豪はアニメバージョン。もちろん曲は、燃えろ! Let's&Go!!。この曲を二人でいっしょにステージで歌うのは初めてだったそう。二人とも素で歌っていたような気も(^^;) (池澤さんはライブの前に仕事があった)

 他のTRFVメンバーもそろい(もちろんコスプレ。リョウはアニメバージョン、Jは漫画バージョン(すごくお似合い。背中もちゃんと『JEY』。でもはちまき(^^;)? が逆なのを客に指摘されて後に直す(^^;))、藤吉坊ちゃんは金持ち服(自前?)にピンクの蝶ネクタイ)、BATTLE SCRUM(めちゃ好き(^^))とWe are the VICTORYS。その後だすだす(はちまきのみプラス)とジュンちゃん(かわらず)も参加で今夜はイブ!を(チイコちゃんは客が担当(^^;))。ここで本編終了。

 ここでみんなの『ありがとう』付花束(チケット代より購入)贈呈式。まずこした先生(次号もせめてセイバー少年を出してください(^^;))。アミノテツロー監督(帰ってきません。あきらめて)。加戸監督(若い。アミノ監督に帰ってきてコールがあったばかりなので順番的にかわいそうだったかもしれない)。高見さん(帰ってきて〜(^^;))。メカマン&ファイター。森久保ファイター。菊之丞御大。TRFVと仲間たち(藤吉、豪、J、ジュンちゃん、だすだす、リョウ、烈兄貴)。TRFVの贈呈順は烈兄貴以外自信ない(^^;) 渕崎さんが、烈兄貴は今日を最後に登場しないとのお言葉。二話には台詞ないのかなぁ(豪が出るのに烈兄貴が出ないとは思えないらしい>あおん)。そんなのいやだぁ(本音)。

 花束をもらった人はそのままステージに残り、みんなで「俺たち」のテーマ。Jはちょっと泣きが入ってた? 気のせい? あと歌う前に、ファイターが森久保ファイターのほっぺにキス(^^;) 森久保ファイターもキス返し(^^;)(^^;) ギャル絶叫(^^;) ラストはおまけのGET THE WORLDで終了。何度聞いてもかっこいい曲〜。100回まわしでもいいや(^^;)

 とても手作りっぽいライブで私はそこが良かったなぁと思ったんです。だからコンピュータが5回とんでも気にならない。お手紙くださる方も、最高だったとみんなおっしゃっているんです。が、どこがどう良かったのか、って言うのを伺いたいんですよねー。いや、なんかこう、私、感じ方が違ったみたいで。お友達に話したら、あおんみたいに純粋に作品だけが好きな人とはやっぱり違うんじゃない、と言われて、そうかもとは思いつつ、それも違うような。仙台ではまだ放映が終わってないとかもあるし、知り合いらしい集団の真ん中に座っちゃって、居ちゃいけないような気持ちになったのもあるし。なんかこう、お返事に「最高でしたよねーっ!」なんて同じ土俵に立っているような事を言っちゃいけないような気もして、非常に居心地が悪い(変な表現だけどそんな感じ)状態です。

★いただきもの
 最初にドーナツひとつとワンドリンク券、カード(漫画版TRFVユニフォームな烈豪がコルク地模様のバックに線画で印刷されている。烈兄貴のユニフォームがなんと、前にバンガードと書いてあるのにチェック)
 帰りにセル画(映画で使用)とTRFVステッカー(黒地に金文字の限定レアもの)。

 セル画は、エッグマン前で早くも交換会が(^^;) 私のはだすだすでした。絶対烈兄貴はこないなぁと思っていたらやっぱり(^^;)


こんてんつへ戻る

Copyright (C)Yukie Sato.